WiMAXの料金がお得なのはどこ?キャンペーンを徹底比較

WIMAXはどこで契約するのがお得?

さぁWiMAXを契約しよう。・・・と思い立ったは良いけれど、どこで契約するのがお得なのか。

調べても良くわからない、調べるのが面倒。結局適当に契約しちゃう。なんて悲惨すぎます。だって契約するところで、月々の料金、支払いの総額が大きく変わってくるからです。

CMでお馴染みのUQモバイルが展開するWiMAX。どこで契約するのがお得なのか徹底的に調べました。

WiMAXはどこが一番お得?損をしない選び方

WiMAXを契約するにあたって覚えておきたいのが「どこで契約しても同じサービスを受けれる」ということです。

WiMAXはUQモバイルが展開するサービスですが、UQモバイルと提携している代理店が数多く存在します。その多くはインターネット上での申し込みをすることで公式サイトより月々の料金設定が安くなり、非常にお得なんです。

逆に公式サイトや家電量販店で契約すると得することなく定価ベースでの契約になってしまいます。

WiMAXを値段で選ぶのに、もう一つポイントがあります。キャッシュバックの有無です。

キャッシュバック付きの契約の場合月々の料金は高くなりますが、「実質」的には最も安くなります。しかし、一括で現金が手に入るのでうれしい気分になりますが、受け取るまで1年ほどかかり手続きが面倒というデメリットがあります。

キャッシュバックが無いプランは月々の料金が安価になり非常にお得です。

最安値キャッシュバック有キャッシュバック無
プロバイダGMOとくとくBBBroad WiMAX
3年契約の総額113,506円127,941円

キャッシュバック有の最安値がGMOとくとくBB。キャッシュバック無しの最安値がBroad WiMAXになります。

3年間利用した場合の、差額14,435円。GMOとくとくBBの方が安くなります。しかし38,000円ともらえるキャッシュバックが大きく仮に貰い忘れるとその差は逆転します。

キャッシュバックの大きな金額に目を奪われないよう注意!貰い忘れたら数万円の損。

実際、使っているうちに手続きの期間を忘れてしまい貰い損ねてしまう人は非常に多いらしいです。

14,435円は大きいですが36カ月での差額なので許容できる範囲だと思います。結論を書くと、キャッシュバック無しで安価なの方がおすすめです。

【2019年度1月版】おすすめWiMAXプロバイダ5社を料金でぶったぎる

冒頭にも書いた通り、WiMAXのプロバイダを選ぶにあたって値段以外の差というのは存在しません。どこで契約しても同じ、最新機種、端末料金もほとんどのプロバイダで無料です。(UQモバイルは有料)

しかし、細かなところで違いが存在ます。

  • 銀行口座の引き落としが可能か、クレジットカードのみか
  • LTEオプション料(WiMAX電波が入らない場合に利用するLTE回線の料金)
  • 契約時の配送料

これら様々な価格を加味したWiMAXのプロバイダをおすすめ順に見てみましょう。

Broad WiMAX

WiMAX、おすすめプロバイダーBroadWiMAX

  • キャッシュバック無しの最安値
  • クレジットカード支払いで初期費用0円

キャッシュバックは無いけど月々の支払では最安値なのがBroad WiMAX。クレジットカードで支払いをすることで初期費用が0円に。逆にクレジットカードを利用しないとメリットが薄いのです。

無制限プランと、7Gプランを契約後でも変更できるため自分に合ったプランを選択ができるのはありがたいですね。

支払い方法クレジットカード・銀行引き落とし
LTEオプション料1,005円/月
配送料無料

Broad WiMAX公式サイトへ

GMOとくとくBB WiMAX

WiMAXキャッシュバックがお得、GMOとくとくBB

  • キャッシュバックを含む「実質最安値」
  • キャッシュバックは発送月から11か月目にメールで連絡が来てから申請

キャッシュバックを絶対に忘れない自信があるなら「GMOとくとくBB WiMAXが」最もお得です。月々の料金は他と比べて安いとは言えませんが、キャッシュバックを受け取り支払いに充てれば最も最安値になります。

支払い方法クレジットカードのみ
機種料金無料
LTEオプション料無料
配送料無料

GMOとくとくBB WiMAX公式サイトへ

カシモ WiMAX

契約年数のこだわるなら、カシモ WiMAX

  • WiFi開通月、0円
  • 割高になるが2年契約のプラン有

3年契約では他社に総額はまけるけど、2年契約があるのが強みの「カシモ WiMAX」契約期間が短い方が良い方にはおすすめです。

支払い方法クレジットカードのみ
機種料金無料
LTEオプション料2年契約1,005円/月
3年契約無料
配送料無料

BIGLOBE WiMAX2+

口座振替できるWiMAX、BIGLOBE

  • キャッシュバック有
  • 銀行引き落としに対応

開始翌月から12か月後に申し込みすることでキャッシュバック。

支払い方法クレジットカード・銀行引き落とし
機種料金無料
LTEオプション料無料
配送料無料

BIGLOBE WiMAX2+公式サイトへ

UQ WiMAX

公式が最も割高、UQモバイル

公式サイトだからこそのこの価格。端末料金も別途金額がかかってくるので一番高い。

 

WiMAXプロバイダー料金一覧

一つ一つのプロバイダ料金ではわかりにくいため無制限プランを一つにまとめて表にしました。

無制限プラン契約期間
Broad WiMAX127,941円3年
GMOとくとくBB WiMAX※1113,506円3年
BIGLOBE WiMAX2+※1121,930円3年
カシモ WiMAX128,988円3年
UQ WiMAX157,680円3年

※1:キャッシュバックを総額から引いた金額

WiMAXの特徴を知ろう

WiMAXのおすすめプロバイダーを紹介してきましたが、そもそもWiMAXの特徴とは何でしょうか。

簡単に言えば、持ち運べるインターネット。家の中でも外出先でも電波さえ届けばパソコンにスマホ、タブレットにと接続して好きな時に利用することができます。

また固定回線と違い工事が不要というのも魅力です。アパートやマンションなど回線の工事が出来ない建物や、引っ越しが多い人であればポケットWiFIの方が圧倒的に便利です。

しかし、それはポケットWiFI全般に言えることです。WiMAXのその特徴と選ぶべき理由を見てみましょう。

高速データ通信

データ通信規格のWiMAX。その特徴が高速データ通信です。非常に高速な回線は他のWiFIにないものです。

高速だと何か良いことがあるのか?低速回線を経験したことある人であれば速度の重要さを感じていることでしょう。それはネットを使うにストレスを抱えず利用させる最低限の条件ですね。

動画を見ても、SNS、インスタグラム、Twitterなど速度を必要とするネットサービスは数多くあります。

WiMAXならではの高速通信を体験すれば辞められなくなること間違いなしです。

データ容量、無制限プラン

他のWiFIにはないもの、それはデータ容量の無制限プランです。データをいくら使ってもギガが無くなって低速になってしまうという心配がないプラン。それは非常に貴重なものです。

例えば、ソフトバンクのWiFIは20G~50Gのプランが用意されていますが使い切ってしまえばネット閲覧にも困るくらいの低速になってしまいます。

一方デメリットも、3日間で10G以上の利用をしてしまうと速度制限に掛かってしまいます。1日あたり2.9G利用したとして30日間で87Gまで利用できるということですね。

契約期間と違約金

WiMAXや他のポケットWiFIはほとんどの会社で3年間の契約期間が設けられてあります。仕事などで長期間続けることが確定していないと中々長い期間ですよね。

そこで契約するまえに知っておきたいのが途中解約時の違約金です。月々の支払料金と同じく、違約金もプロバイダによって変わってきます。

解約月数Broad WiMAXGMOとくとくBB
0〜12ヶ月目19,000円24,800円
13〜24ヶ月目14,000円
25ヶ月以降9,500円9,500円

おすすめのBroad WiMAXとGMOとくとくBBの二社でも2年以内に解約した場合に大きな差があります。更にGMOとくとくBBの場合1年以内に解約してしまうとキャッシュバックの権利も無くなってしまうので要注意です。

Broad WiMAXGMOとくとくBB
13ヶ月目56,288円78,257円
25ヶ月目92,720円114,113円

13ヶ月目に解約した場合、25ヶ月目に解約した場合の総額(月々の料金+解約料)が上記になります。

 

Broad WiMAX
ガチャムク
初月~2ヶ月2,726円
3ヶ月~24ヶ月3,411円
25か月~4,011円
契約年数3年間
GMOとくとくBB WiMAX
支払い方法クレジットカードのみ
機種料金無料
LTEオプション料無料
配送料無料