G502WLレビュー!Logicool Gのゲーミングマウスを半年利用してみた

高級マウスのG502。

正直に言うと、マウスなんてどれでも同じ。そう思っていた時期が僕にもありました。

なんていうと、G502が特別なものと言わんばかしですがそこまで派手に違いがあるものでもないのも確か。

G502が謳っているカタログスペック。それが本物か感想・レビューを交えて見ていきたいと思う。

Logicool G ゲーミングマウス G502 WLのスペックを見ながらレビュー

マウスの中でもかなりの高級帯に入るG502。ちょっと試しに買ってみるか。と気軽に購入できる値段ではないと思う。定価で18,480円。AMAZONなどで15,000円前後で販売されている。ちなみに無線ではない有線タイプで8,000円前後だ。

数多くなるマウス群の中でも、かなりよい値段に位置するマウスになる。

G502WL スペック
センサーHERO 25K
DPI100 – 25,600
接続方式LIGHTSPEEDワイヤレス
POWERPLAYワイヤレス充電対応
プログラム可能なボタン数11
RGBライトLIGHTSYNC 1,680万色
重さ114g
バッテリー(最大持続時間)バッテリー内蔵(60時間)
おすすめゲームジャンルMOBA/MMO/FPS

LIGHTSPEED

数多くある無線マウスと圧倒的な違いを持っているのがLIGHTSPEED。正直G502を選択するの目玉機能。上の表が公式サイトに載っているグラフで、売りの文句が有線マウスより早いマウスということ。

簡単に言えば、正確に早く動く機能を実装しているということ。

どんなマウスでも、体感できるほどの差というのは感じにくいものだと思うがプロゲーマーや競技シーンで利用するときにマウスの性能で負けたなんてことないように確実性に間違いないよう作られているということだろう。

またBluetoothやwifiでの接続ではなく独自レシーバーが用意されているのでUSBの空きが必要になる。

HERO 25Kセンサー

DPIの設定は100刻みで行うことが可能。さらに最大25,600まで

DPIに詳しくない人は何のことかわからないかもしれないので補足しておくと、簡単に言えばWindowsのカーソルの速さ。100がめっちゃ遅く、25,600だと異次元な速度(というよりカーソルがワープする)で動くことになる。

ちなみに僕のモニターは1920×1080。通常使いでDPI 3200。FPSゲームの Apex Legends でDPI 1300。まぁ一応25,600まで設定できるもののそこまで使いこなせる人間がいるかどうかは正直微妙なところ。

ゲームにしろ、仕事にしろDPIに幅があり遊びがあって困ることは無いと思う。

POWERPLAY対応

G502はPOWERPLAYに対応。正直これは微妙。

そもそもPOWERPLAYとは何かといえば、マウスパットの下に敷く非接触型充電器。つまり、マウスパットの上で利用しながら常に充電が保たれるといもの。電池切れの心配がなくなる逸品。

しかし、だがしかし。POWERPLAYは非常にコスパが悪い。無線充電自体もはやそれほど珍しいものではないのに独自規格路線の為か1万7000円前後で販売されています。

POWERPLAYを利用しない場合は、USB接続で充電することになります。別にこれで困ることはないのだが、充電口が非常に差しにくいと、どうもPOWERPLAYを利用することを前提として作られている感が物凄い。

微妙にいやらしさを感じてしまうのはバットポイント

ちなみに一度充電完了してしまえば、72時間駆動というのが売りなのでよほどハードに利用しない限りは1週間程度は持つ計算になるので、電池の持ちは非常に良い。

それだけに、POWERPLAYの価格が残念過ぎる。

高パフォーマンスデザイン

高パフォーマンスデザイン。

デザインに関しては好みが大きく割れるとことなので何とも言えませんが、個人的にはあまり好きではない。G502はクワガタマウスと形容されるように、角ばって光らせておけばかっこいいでしょ感の主張が強すぎる。

グローバル展開しているマウスなので海外だとこれが受けるのかも。

調整可能なウェイトシステム

穴をあけてまで軽量化を目指しているマウスなど、軽さというのは結構重要視されているポイントの一つ。残念ながらG502は本体の重さが114gと、昨今のマウスにしてはかなり重め。

僕的には重いと感じることは無いが、重さにこだわる人は要注意。

補足として挙げておくと、これ以上軽くすることはできないが付属でついてくる重りをつけることで重量を増やすことは可能。

重い方がマウスが浮くことは無いし、安定してスクロールできるような気もするがあくまで個人の好みが分かれる部分。

プログラム可能な11個のボタン & 高速スクロールホイール

G502の二つ目の選択ポイントが11個ボタン。

ゲーミングマウスの多くが5ボタンを採用していると思うのだが、それよりも6個も多い。

とはいえ、現実的なボタンで言えば+3つほどで8ボタンくらいの感覚でいた方が良いと思う。もちろん11個ボタンに偽りはないのだが、スクロールマウスの左と右に割付可能とかあまり使い勝手が良いものではないと思う。

それでも3つ増えるだけでも、操作性は格段に上がると思うのでおすすめだと思う。

高速スクロールホイールに関しては、別にどうでもよい機能。通常、G502のスクロールホイールは回すたびにカチッとロックが掛かるのだが、ボタン一つでロックが解除され一気にスクロールさせることができる。

ロック解除した状態での使い道がまったく思いつかないが、ゲームによっては使い勝手が良いのかもしれない。

LIGHTSYNC RGB

1,680万色をLogicool G HUBといった専用ソフトでカスタマイズ可能。個人的には別に何色でも構わないのであってもなくてもどうでもよい機能ではある。

当たり前だが、ライトつけている方が消費電力は増えるので充電の持ちは悪くなる。色をカスタマイズできるというよりは、ライトOFFにするために使うことが多い機能なのかもしれない。

GHUB

GHUB自体が一昔前までまったく使えないといった評判のソフトであったが、頻度高くアップデートが繰り返されているので2021年2月現在では普通に利用することは可能。

GHUBでは、Logicool G製品を一括管理することができる。

色の設定、ボタンの割付、DPIの設定(5種類まで設定可能)、マクロの組み立てが可能で、更にアプリケーション毎に設定ができるので非常にありがたいソフトなっている。

特にDPIが5種類まで設定できるのは非常に面白い。例えばAPEX(APEXをやったことない人はわかりにくいかもしれないが)近接~近距離だと感度を低くしておいて、中距離~遠距離だと感度を高くすることでエイムを合わせやすくなる。

最もそれ相応に慣れが必要になるので、誰しも使えばうまくなるわけではないことは記載しておく。

G502を購入する前に感じていた点についてよかった点、悪かった点

今まではG502が推しポイントとして挙げていた項目について、実際使った感想を交えレビューしてきた。

それ以外の、購入前に気になっていたポイントと実際に触ってみて感じたポイントを良い点・悪い点としてレビューしていきたいと思う。

ここは良かったと思うポイント

率直に言えば、良い意味で裏切られたマウスであることは記載しておきたいと思う。日常使いにしても、ゲームでの使用にしても実用面での不満点は無いといってよいと思う。

無線マウスで遅延なし

ワイヤレスマウスということで、一番気になっていたのが遅延だ。遅延というのは、仕事であれゲームであれ感じた時点でストレスにしかならない。

どんなに優れたゲームでもマウス操作で遅延を感じてしまうとストレスフルになってしまい、やる気を大きくそがれてしまう。

利用して半年、しかもFPSメインで利用していても遅延を一切感じたことは無い。むろんこの価格帯のマウスであれば当たり前のことではあるとは思う。

しかし、当たり前のことが当たり前に利用できるというのはしっかりと明記しておきたいと思う。

電池の持ち抜群

LOGICOOL Gのサイトに公表されているスペックが下記になる

バッテリー駆動時間(連続使用時)※LOGICOOL G240ゲーミング マウス パッド上でのテストによる
デフォルトのライティング:最長48時間
ライティングなし:最長60時間

無線端末なので非利用時は低消費になる。なので人によって実際の充電頻度は異なってくる事は想像だけでも十分できる。しかし、動かしてみなければどのくらいの日数利用できるかはわからない。

では、実際にどのくらいの頻度で充電が必要になっているか、だが約一週間に一度程度だ。はっきり言って驚異的な電池の持ちだと思う。

仕事やゲームなどマウスを一日でマウスを触っている時間というのは非常に多い方だと思う。それでも一日中というわけでなく長くても8時間程度、平均すれば1日6~7時間くらいではないかな。

簡単に計算すれば1日7時間の1週間で7×7=49時間になるのでカタログ上の数値と一致する。

充電が爆速

特にゲームユーザーの場合、オンラインゲームの場合電池切れは致命的だと思う。G502の充電は恐ろしく速いので少しの時間充電すればすぐに無線マウスとして利用する事ができる。

USB2.0を使て5分間充電で2.5時間利用可能。

こまめに充電を欠かさない人なら、充電が早くても遅くても困ることないのだろうが僕みたいなずぼらな人間にはこの充電の速さは非常に助かる。

なんせゲームの途中で電池切れを起こしても充電開始で5分後には再び利用できるようになるわけだから。

イマイチだなと感じた悪いポイント

概ね、合格点以上の出来をしているG502だがそれでも不満点はいくつかある。

高級に入るマウスなのでどうしても辛口になってしまう。これが1万を切る求めやすい価格帯なら不満点はないとは思うが。

でかい!

G502に限った話ではないのだが、海外メーカーが作っているマウスは大抵でかい。

ちなみに日本人の男性の手のひら(手長)の平均サイズは183.4㎜、女性の平均サイズが169.3㎜らしい。では自分はというと180mm。メジャーを使って自分で測ったので誤差はあると思うが大体平均近くだ。

それでもでかいと感じてしまうのは、持ち方の問題もあるとは思う。

マウスに持ち方の種類があるなんて知らなかったのだけど、他者ながらrazerのマウス紹介ページに違いが乗っていたので参考にしてみるといいと思う。

マウスの持ち方(ページ中段のマウスの持ち方参照)

ちなみに、僕のマウスの持ち方は「つかみ持ち」に分類される。この「つかみ持ち」だと折角のボタンにボタンに届きづらいのだ。

一応「かぶせ持ち」に慣れるため頑張っているものの、なかなか慣れないというのも本当のところ。また、「かぶせ持ち」だとどうしても、机を広く使わないといけないもの慣れない理由の一つだ。

大きなマウスが苦手な人には不向きであること、注意をしてもらいたい。

充電しづらい

一応フォローを入れておくと、有線でも利用できるのがG502の良いところの一つである。そして、有線接続をしたまま利用する事を考えれば当然抜けにくく作る必要があるのはわかる。

抜けにくくしてある為、差しにくい。すべてを綺麗にはまとまらない。それは、その通りだとも思う。

しかしだ、G502には有線タイプと無線タイプの二つの形が販売されている。であるならば、無線の方はもう少し割り切って充電しやすいように作ってほしかった。

充電しづらければPOWERPLAYを買え。

そういった風に、その様に作られていると見られても仕方がない。ちなみにPOWERPLAYは独自規格らしいのでQiなどの非接触型充電器は非対応だ。

せめてPOWERPLAYが安ければ、もしくはリアルタイム充電なんて不要なのでドック式にでもしてくれればよかったのだが。この辺りの細かいのか、大雑把なのか微妙な形の充電周りは正直不満である。

G502はこんな人におすすめ

ここまでいろいろと記載してきたが、あえて一つだけにポイントを絞るのであれば「ボタン数の豊富さ」を上げたいと思う。

と、言うのも「LIGHTSPEED」「HERO 25K」 「POWERPLAY」「LIGHTSYNC RGB」と色々感想を述べてきたのだが、これらはG502のユニークな機能では無くLogicool Gが販売している7,000円台のマウスなら付与されている機能だ。

その中でもG502だけの特徴は11ボタンであることに尽きる。

逆に言えば、11個もボタンが必要ではない人には過剰スペックだし。また、ボタンの配置が好みでない人であれば別のマウスを選択するのがよいだろう。

自身の話で言えば、最近FPSで遊ぶ機会が多いのでボタンが多い方が便利といった気はする一方。別にマウスで制御しなくても困りはしないという気もするのでやや過剰スペックのマウスを使っているとも思う。

Apex Legendsを遊ぶ時のG502設定

完全に余談だし、APEXを遊んでいない人にはなんのことかわからないとは思うがボタンの配置を乗せておこうと思う。

半年ほど遊んで、都度ボタン配置に工夫を凝らしているのだがここ1か月くらいはこの配置で固定しているし、もう変更の余地もないかとも思っている。